カードローンの審査に大切な3つのポイント

カードローンを利用してお金を借りるにはまず審査に通る事、そこからです。 ではそんなカードローンの審査に通るには、何が大切なのでしょうか。 審査通過のために大切なポイントについて見ていきましょう。

カードローンには、消費者金融系と銀行系の2種類があります。 まずはこの違いについてしっかりと覚えておく事が大切です。 消費者金融系の場合、貸金業法に則って営業する必要があるため総量規制の対象になります。 そのため、収入の3分の1以上はお金を借りる事が出来ません。 それ故、収入が全くない人は消費者金融のカードローンに申し込んでも審査には通らないのです。 まずこうした事を踏まえてカードローンの選択をしましょう。

カードローンの審査では、属性というものが重視されます。 属性とは年齢や職業、収入など個人の情報やステータスを表すものです。 この属性は、業者独自のスコアリングによって点数が振り分けされスコア合計が高いほど審査に有利になります。 スコアリングの内容は明らかにされていませんが、実際には安定した職業や高い収入、賃貸よりも持ち家などの場合にスコアは高くなっています。 例えば勤務年数なども属性の一つで、勤務年数は長いほどスコアが高くなると言われています。

しかしこうした属性よりもカードローンの審査に通るために大切なポイントがあるのです。 それが今までの金融情報となります。 今までクレジットカードやローンなどの滞納や延滞はないかどうか、現在の借入状況はどうなっているのか等がそれにあたります。 もし、こうした金融情報に事故があれば一気にカードローンの審査に通ることが難しくなってしまうのです。 例えどんなに高い属性の人であっても、多額の借金があったり返済事故がある人は審査に落ちる可能性は低いでしょう。

このようにカードローンの審査に通るために大切な事は、自分にあったカードローンの選択・属性・今までの金融情報の3つとなりその中でも特に金融情報が大切となります。

何回申し込めば申し込みブラックになるのか

短期間に何度もキャッシングに申し込むと申し込みブラックになってしまうのですが、これにはだいたいの目安になる回数があります。審査落ちにする基準は各キャッシング会社によって異なりますが、一般的に2、3ヶ月以内に3、4社以上に申し込むと申し込みブラックになりやすいようです。申し込みブラックの基準に触れてしまうと問答無用で審査落ちになってしまうところがほとんどです。審査に通るかどうかわからないので、保険をかけておくつもりで何社も同時に申し込んでおく、といったような方法は、逆に裏目に出てしまうので避けたほうが良いでしょう。できれば1社ずつ、間隔をある程度空けて申し込むことが望ましいです。

PAGETOP
Copyright © アイフル審査内容はどうなってるの? All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.